ユーストリームメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ビデオカメラを接続して放送するには

<<   作成日時 : 2010/08/20 06:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

(2015年4月11日更新)



はじめに

現在売られているビデオカメラの多くはHDMIとコンポジットの出力しかありません。少し古いビデオカメラにはIEEE1394出力もありました。パソコンにビデオとオーディオを入力しようとすると多くはUSBになりますし、一部の機種にはIEEE1394入力端子もあります。最近はHDMI入力を備えたパソコンも出てきました。

USB出力のビデオカメラであれば問題ありませんが、ほとんどのビデオカメラはUSB接続してもストレージとして動作し録画をパソコンにコピーすることしかできません。そこでビデオ出力をUSB接続に変換してくれる機器が必要になってきます。ほとんどのビデオカメラにはAV出力がありAVコードが付属していますから、それをUSB出力に変換してくれるキャプチャーを使うのが手軽で安価です。

画像





1. ビデオカメラのHDMI出力を直接接続

1.1. HDMI入力端子のあるパソコン

Alienware M18x

画像


dynabook REGZA PC D712





1.2. HDMI端子に接続して放送できるLive Shell


Ustream専用で他のライブストリーミングで使えないのが残念です。対応サービスを拡充!小型なので移動しながらの放送には便利そうに見えますが、コントロールにスマートフォンかパソコンが必要なので持ち歩く必要があります。自動でフレームレートや画質を調整する機能はないようで、回線速度が不安定な時は放送の切断が頻繁に起こるようです。Ustreamに直接接続するわけではなく、CerevoのDashboardを経由して接続するため不安定、接続できないといった問題が多発する原因にもなっているようです。コンバーターを使ってビデオカメラをパソコンに接続し、FMLEを使って自動でフレームレートや画質を調整する方が回線速度が不安定な場所で使う時には最良な方法に思えます。

「Live Shell」製品概要(Cerevo)
PC不要、ビデオカメラと接続してムービーのライブ配信ができる「Live Shell」



関連リンク
大人気配信機材!CEREVO LiveShellをテストしてみた
Cerevo LiveShellは本当にビデオカメラ1台でUst配信できるのか
Ustream配信機器「Live Shell」と、ソニー製カメラをつないで配信テストをしてみた。
ワークショップ「Live Shell×Ustream講座」を行いました
Ustreamの何が楽しいのか、小学生になったつもりで聞いてきた






2. ビデオカメラのHDMI出力をUSBに変換して接続

2.1HDMI出力をUSB2.0に変換して接続するMonsterX Live



MonsterX Live HD配信(秋葉原駅)


関連リンク
Monster X LIVE 買ってみました
Monster X LiveによるHDMIとD端子の画質比較






2.2. HDMI出力をUSB3.0接続に変換して接続

カメラのHDMI出力をUSB3.0に変換してくれるIntensity。この機器はUSB2.0では動作しないようなので注意が必要です。HDにも対応しているので高画質放送ができます。






3. ビデオカメラのHDMI出力をPCIに変換して接続


HDMIキャプチャー シリーズ (PCI Express版/Expressカード版) Donyaダイレクト DN-PPHVC628H / DN-PHVC626 [★]
上海問屋
&nbsp;1080i対応 & 1万円切りお買い得 HDMIビデオキャプチャー(Ex


楽天市場 by HDMIキャプチャー シリーズ (PCI Express版/Expressカード版) Donyaダイレクト DN-PPHVC628H / DN-PHVC626 [★] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



GV-D4VRは「ハードウェアエンコードのため、表示に遅延が発生しますのでゲームなどのリアルタイム表示用途には使用できません」とのこと。






4. ビデオカメラのHDMI出力をIEEE1394接続に変換して接続

ビデオカメラのHDMI出力をIEEE1394に変換してくれるADVC HD50。HDにも対応していますが価格が高いです。






5. ビデオカメラのコンポジット出力をUSB接続へ変換

5.1. ソフトウェアエンコード

ソフトウェアエンコードのビデオキャプチャーは安価で種類も多いのですが、まともに動作しないようなものもあるようなので購入者レビューなどを読んで慎重に購入することをおすすめします。パソコンの負荷も大きくなりますからパソコンの能力も考慮する必要があります。このタイプはSD画質のみでHDに対応している商品はないようです。

コンポジット出力をUSB2.0に変換してくれるGV-USB。これは安価なのですがソフトウェアで処理しているのでパソコンの負荷が大きく、またオーディオサンプリング周波数が48kHz固定のためにブロードキャスターやユーストリームプロデューサー、FLME3.1の音声サンプリングは44.1kHzまでしか対応していないためフリーズしてしまうという報告があります。対策としてはマイクを別に用意してその入力をパソコンにつなぐか、アマレコTV Liveというソフトを使うことにより解決できるようです。後継のGV-USB2もサンプリング周波数48kHzのため同様の対策が必要だと思われます。

USB接続ビデオキャプチャ価格.COM



Princeton USBビデオキャプチャーユニット デジ造も安価ですがGV-USB同様ソフトウェアで処理しているのでPCパワーがある程度必要です。これは音声の問題はないようですが、付属のソフトが良く無いようでアマレコTV Liveを使うことによって改善するそうです。

KEIAN製 K-DVD MAKER2は仕様ではWindows対応としか書かれていませんがMacで使用されている方もいます。



USBビデオキャプチャユニット[XCA007]もMacでも動作するそうです。カスタマーレビューから
以前はMac対応を謳うEZcapという製品を使用していましたが、不安定で音声のズレもあるので、こちらをお勧めします。
付属の専用ドライバはWindows用ですが、ネットで「EasyCapViewer」で検索すればフリーのMac用ドライバがあります。
現在MacOSX10.6.8 MacBookAirでPS3画面をS端子出力で表示させて使用しています。
初回起動時のみドライバが不安定で、設定がうまく出来ませんでしたが、以降は安定して使用出来ています。
まれに音声にノイズが入る瞬間がありますが、問題を感じるほどでもなく、タイムラグや音声のズレなども無く快適です。
USBハブ経由でも問題なく動作しますし、出力のみの場合はCPU負荷もそれほど感じません。
入力映像のレコーディングもでき、その場合CPU負荷は感じますが、録画中も出力映像や音声に乱れは感じません。
設定で、ウインドウと映像出力のアスペクト比を別々に設定出来るので便利です。
何より同種製品のなかでも値段が格段に安いので、Mac用ビデオキャプチャをお探しの方は検討されてみてはいかがでしょうか?


画像


VLC media playerを使ってEasyCapで接続したビデオカメラの出力を見ることができました。パソコンを外部モニターとして使えるので便利です。特に高い位置にビデオカメラを置くとモニターの映像が見えないので、そういった時に脚立を使ってモニターを見る必要もなくなります。

関連リンク
imac ニコ生 ゲーム放送のやり方 LION OS10.7.4






5.2. ハードウェアエンコード

ハードウェアエンコードタイプでは比較的安価なGV-MDVD3です。ネットブック等では放送するだけでパソコンの負荷がいっぱいになることが多いのでハードウェアエンコードタイプが良いかもしれません。






6. ビデオカメラのコンポジット出力をIEEE1394(i.LINK)接続に変換して接続

ビデオカメラのコンポジット出力をIEEE1394に変換してくれるADVC-55というものもあります。これはADVC-HD50に比べて安価で問題もなく使われている方が多いようです。






7. IEEE1394(i.LINK)出力のビデオカメラを直接接続

IEEE1394(i.LINK)出力のビデオカメラであればパソコンのIEEE1394入力に直接接続して使用できます。製造中止になったものが多いですし、テープに記録するタイプのものしかないようなので使い勝手は良くありません。IEEE1394入力のあるパソコンも少なくなっています。




8. その他


パナソニック、スマホからUstream中継もできるウェアラブルカメラ「HX-A100」

ポータブル生放送ビデオカメラ「My Broadcast」





パソコンやスマホを使わずカメラだけで『USTREAM』の生放送ができる!? 『My Broadcast』レビュー



東芝からUstream中継対応のポケットカメラ Camileo Air10、3Dカメラ Z100 3Dアメリカで3月下旬発売予定。

CAMILEO® Air10 Wi-Fi Camcorder with 4GB SD Card
Toshiba Camileo AIR10 with 4GB SD Card Camileo Air10

キヤノンのデジタル一眼レフカメラにはEOS Utilityを使って放送に使えるカメラがあるようです。EOS Utilityのリモート撮影という機能で画像がパソコンに表示されるので、それをUstream ProducerやSCFHなどを使ってキャプチャーするのです。音声は別にマイクを用意しないといけないのとキャプチャーソフトを別に動かさないといけないので面倒だしパソコンの負荷も大きくなるという欠点がありますが、対象のカメラを持っている方は試してみるのも良いかもしれません。

5D mark IIを使ってUstream配信




参考サイト
外部カメラを接続して中継しよう
外部ビデオカメラで映像のクオリティを上げよう
第3回 Ustream.tvでWebカメラやビデオカメラを使って中継してみよう
価格.com ビデオキャプチャdynabook REGZA PC D712

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 通販
ビデオカメラを接続して放送するには ユーストリームメモ/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 通販
2013/07/03 17:57
HDMI入力のビデオキャプチャー
ビデオカメラを接続して放送するにはの中でビデオキャプチャーを紹介しました。ビデオカメラの出力はHDMI主流になってしまい、IEEE1394出力のビデオカメラは中古くらいでしか入手できなくなってしまいました。HDMI入力をUSB出力に変換するビデオキャプチャーが多くなってきましたので、いくつか紹介します。 ...続きを見る
ユーストリームメモ
2014/01/24 05:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ビデオカメラを接続して放送するには ユーストリームメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる